今日はどこ行く?目的別コーデを研究!

Coordinate Laboratory

流行色やデザインを取り入れたコーデを研究

仮想空間で生活する日がくるのか?今話題の「メタバース」とは

みなさんこんにちわ!

 

Facebookの社名が「Meta」に変更されたことが昨年11月に話題になりました。

この社名変更には、今後メタバース事業に力を入れるとの意味合いもあるそうです。

また、マイクロソフトがアメリカのゲーム大手アクティビジョン・ブリザードの買収に7.8兆円を投じるとしてこちらも話題に。

これもまた、メタバースの普及を見据えた買収とのこと。

 

このIT大手が注目するメタバースとは何なのか、簡単に解説します❣

興味がある方は、最後まで読んでいってください✅

 

メタバースとは、巨大な仮想空間のこと。

インターネットを通じて仮想空間にアクセスすることで、世界中のプレイヤーがアバターを操作しながら、自由にコミュニケーションをとることができます。

 

「あつまれどうぶつの森」や「荒野行動」「コールオブデューティー」などもメタバースのひとつです。特に「コールオブデューティー」は月に1億人のプレイヤーがいる億ゲーとして有名です。

 

今は、コントローラーやキーボードでアバターを操作するのが主流となっていますが、現実世界に近い感覚でアバターを操作できるように、VRゴーグルなどの開発が進んでいます。

 

まさに映画マトリックスの世界ですね。1999年に作者は、この未来を想像していたのでしょうか。。。だとしたらすごい想像力❣

 

映画やアニメのように空を自由に飛べたり、現在と過去を行き来してみてたいですね。

今後のIT技術の進歩に期待です💻

 

ブログがいいなと思ったら、ブックマークや読者登録してもらえると嬉しいです!

では、またー